All Post, Rental House

多治見で格安戸建賃貸を作る為にDIY開始しました

6月25日に決済をした多治見の戸建物件でしたが、6月28日に待望の第一子の出産や梅雨等で
なかなか手つかずになっておりましたが、8月〜やっとリフォームを開始しました。
シェアハウスなどでいつもお世話になっている業者さんに見積りを取った所、
全てリフォームをすると安く見積もって180万程という事。

正直、リフォームでそこまで費用をかけてしまうと毎月の募集家賃がかなり上がってしまうので
どうしたものかと、まずは地元のいくつかの仲介業者さんに相談することに。
仲介業者さん毎に募集家賃、リフォームにかける費用の提案はそれぞれ結構違いがありました。
ただ、最初に相談させて頂いたア◯マ◯ショップさん、ミ◯ミ◯さんは
やはりある程度リフォーム費用をかけてそれからと言う話でした。

しかし、東濃地区のみを中心に地域密着で戸建賃貸をしている業者は、
『昨日もコレよりかなり古くてボロボロの物件が5万弱で決まりましたよ』と言う事で
リフォーム費用を本当に最低限に抑えて、安く貸す事を提案してくれました。
僕としても入居がすぐにきまるかどうかわからないし、家賃を上げて
リフォームにそこまで費用をかけるより、上記の提案は願ったりかなったりでした。

実際にスーモやホームズで戸建賃貸の募集を見ると、この地域の戸建賃貸はほとんどが
その業者さんが募集をしているので今回は最低限のリフォーム+DIYで50万までに修繕費を抑え、
ペット可など募集条件を緩くし、募集家賃も同じスペックで地域最安値を目指す事にしました。

ペット可、DIY可、ルームシェア可など募集条件を緩くする事については、
他の業者さんやそういった事をしていない方からはリスクを心配する声が多かったのですが、
元々不動産を持っていた訳でもなく、資金力も無い僕としては、
やはり、他の大家さんが手間と思う事に積極的にチャレンジして差別化を図っていきたいと思います。

そんな訳で、40万程でクロス、フロア、給湯器、畳、ふすまなどの内装は業者さんにお願いし、
外回りや室内の塗装等はDIYで行っていく作戦にしました。

多治見と言えば、最近のニュースでは連日、日本最高気温を更新しており、
そんな過酷な環境の中、日給5000円+ランチでDIYを一緒に引き受けてくれた優しい後輩とDIYをする事に。
果たして50万でどこまで奇麗にできるのか?
少しづつ、サイトでもアップしていきますね。

《1.ボーボーに草が生えた庭 Before》
1

《ボーボーに草が生えた庭 After》
584
まずは、胸の辺りまで茂っていた雑草を刈りました。上記はその時の画像。
現在は、左側の外壁は下記の様に塗り替え、玄関や左奥に見える倉庫も洗浄して奇麗になりました。

《2.真っ黒になっていた外の柵 Before》
5
汚れで黒くなってしまい、こけも生えていました。

《真っ黒になっていた外の柵 After》
581
まずは洗浄でしっかりと汚れを落とし、その後、シーラー、塗装×3回でかなり良い感じになりました。
シーラーをしても思ったよりコンクリートにペンキがしみ込んでのびなかった為、結構大変でした。

《3.真っ黒になっていた門の柵 Before》
3
こちらも長年の汚れで黒くなっていました。
そして、表札にはマジックで住所、名前が書かれていました。

4
門もこけ?カビ?と汚れがびっしり。

2
階段はコンクリートがはがれだいぶぼろぼろに。

《真っ黒になっていた門の柵 After》
583
まずは、マジックで書かれた表札を奇麗に消す作業。
そして、こちらも柵と外壁の汚れをしっかりと洗浄し、シーラー、塗装×2をしました。
上記画像2.外の柵のコンクリートとは違って、表面にかなり凹凸があり、
こちらは更に塗るのに苦労しました。

この日は2人で一日かけて、外壁や柵等の塗装を行いました。
塗装作業は思ったより楽しく、黙々と行う事ができるのでコレからも
自分でDIYで行けるなと良い勉強になりました。
ただ、真夏の炎天下は正直きついので、次回は春、秋を狙っていきたいですね。

〔築27年、3SLDK、87平米、駐車場付き、ペット可の戸建賃貸、現在サイトも制作中!!〕
多治見の戸建賃貸『kotaki hause』はこちら>>
   

 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015-08-07 | Posted in All Post, Rental HouseNo Comments » 
Comment





Comment



*